鹿児島市 車検 ディスクブレーキ パッド

ブレーキディスクローターの役割

ブレーキディスクローターはタイヤと一体で回転し、ブレーキ時にはブレーキパッドで両側からはさまれ、その摩擦力で回転を止めて制動させる働きをしています。
基本的にはブレーキパッドのほうが摩耗しやすい素材でできていますがディスクローターも少しずつ摩耗していきます。

ブレーキ構造図
ディスクローター単体
ディスクローター左 新品 右 中古

ディスクローターの特徴と 交換の必要性

ブレーキディスクローターはパッドとの摩擦によってブレーキをかけているため少しずつ削れていきますが、それ以外にも摩擦熱による焼けやサビなどによっても劣化していきます。
また、注意しなければいけないことは、
デスクパッドの交換時期を 逸したとき パッドのライニングがローターにあたりこすれ ブレーキが利くわけですが 
ライニングの部分が擦れ切り パッドの鉄の部分が当たると キーキー音が鳴りそれでも走行すると ディスクローターに傷が入り パッドを替えただけでは 異音が発生し 左右の制動力に差が生じ ブレーキディスクローターを交換しなくてはならなくなります。  
点検や車検時に 確実に パッド残量の 確認が必要です。

注意 ブレーキパッドは、消耗品です。

ディスクローター中古
交換前 ディスクローター

ディスクローター新品
交換後 ディスクローター

当ブログ内

立会車検の流れ こちらへ→

参考

お勧めの外部ウェブサイト

ブレーキパッドとブレーキローターは同時交換する方がいい? こちらへ→